携帯ホームページ マイコンカーの宣教師ザビエル 変調してみました。
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.03.17 *Tue

変調してみました。

変調。してみました!!

先日、岡谷で行われた技術交流会でのネタの一つとしてやってみました♪

時間が無かったのでとりあえずH8でやってみることに。。。
~~回路作ってプログラム組むまで3時間ほどかかりました(T-T)

やっぱり初めてやる事ってのは時間かかりますね。。。

で、こんなチョー簡単な回路
図2

手に持ってるのは赤外線の投光器。
そりゃもぅ、赤外線の嵐ですよ!

とりあえず、外乱無しでフツーに黒→灰→白と動かしてみた時のデータ。
図3

ピンク線がフツーのA/D値。青が変調値。。
なぜ、変調値の方が少し小さい値であるのかは、これ
図1

赤外LEDを1KHzでチカチカさせて、点灯している時のA/D値と消灯している時のA/D値の差をとっているからなわけで・・・
なぜ、そんな事をするのか?(そんな事知ってるよ!と、言わないで下さいねw)

通常、フォトトランジスタ(今回のは、赤外線にピークが合っているヤツですね)に流れる電流はフォトトランジスタに照射された光の強さに依存するわけで。
フツーに使うと、赤外LEDから出てコースから反射してきた光と、僅かですが照明や太陽光に含まれる光(今回は赤外線)も反射してきます。
で、LED点灯時と消灯時の差を取ると、 (LED+外乱)-(外乱) = LED  ←分かりにくい? 
まぁ要は、赤外LEDの反射光だけを見たいと。

そんで、最初の写真のようにコースの黒い部分にセンサーを置いて、赤外光照射器で外乱を与えてみると、
図4

・・・・
面白いくらい差が出てますねw
これくらいの差が出ると、やった甲斐があります(^^)

変調データは全くと言って良いほど影響を受けていませんが、通常のA/D値は影響されまくりですね!!あ、因みに縦軸はA/D値(分解能10bit)のデータです。

通常、こんな外乱入るわけねーよ。って思うかもしれませんが、外の明るさに合わせて感度調整が不要になるっていうのは、チョット嬉しいかもしれません。

もちろん、もっと高周波にも出来るし、カーテンの隙間から日差しが入っていても全く問題無しです!

去年は、本当にセンサの誤動作に泣かされましたからね。。。

そーいや、ウチ高校の部活に新しく入った顧問の先生。指定モータのノイズを取るフィルタを作ったとか何とか。。。

今度、教えてもらいに行こ~~♪
スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



検索フォーム







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © マイコンカーの宣教師ザビエル All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。